債務整理の相談ならロイズ司法書士事務所

あなたの笑顔ため踏み出す最初の一歩

契約書テンプレート

契約書テンプレート

ロイズ司法書士事務所では、いろいろな契約書のテンプレートを無料でダウンロードできます。ワード・エクセルにコピーしてご利用下さい。

<社宅使用契約書>

社宅使用契約書

 株式会社 ロイズ (以下、「甲」という。)と、鈴木太郎(以下、「乙」という。)は、甲の所有する○○県○○市○○○○所在の株式会社 ロイズ ○○社宅(以下「本件社宅」という)の使用に関し、以下の通り契約する。
 

第1条(入居の許可)
 甲は、乙に対し、平成○○年○○月○○日より、本件社宅○○○号室への入居を許可する。
2  乙は、善良な管理者の注意義務をもって本件社宅を使用しなければならない。

第2条(社宅使用料) 
 乙は、甲に対し、本件社宅使用料として月額○○○○円(含む管理費)を支払わなければならない。
2  前項の支払は、毎月○○日(金融機関の休業日はその前日)翌月分の使用料を、乙の銀行口座より自動引き落としにて行う。

第3条(禁止事項) 
 乙は、社宅の使用に関し、以下の事項を行ってはならなず、乙がこの禁止事項に違反した場合には、甲は、乙に対して本件社宅の退去を命じることができる。
① 本件社宅の現状を変更すること
② 乙の家族以外の者を入居させること
③ 動物を飼育すること

第4条(損害の補填) 
 乙又は乙と同居する家族が、故意又は過失によって本件社宅を毀損、損壊するに至った場合には、乙は、甲に対して、その損害を賠償しなければならない。

第5条(退去) 
 次の場合、乙及び乙の家族は、○○日以内に本件社宅を退去しなければならない。
① 乙が甲を退職した場合
② 乙が、甲の命によって、○○県外の支店に転勤した場合
③ 第3条の禁止事項に反し、甲が乙に対して本件社宅の退去を命じた場合

第6条(明渡) 
 前条によって、乙が本件社宅を退去する際には、乙は、本件社宅○○○号室のすべての動産及び本件社宅敷地内に乙の搬入した動産を引上げ、本件社宅○○○号室につき、経年的な変化を除いた入居当時の状態を回復しなければならない。
2  前条によって、乙が本件社宅を退去する場合には、その当該月の社宅使用料については退去日までの日割りとする。
 
 以上、本契約成立の証として、本書を二通作成し、甲乙署名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。

 平成○○年○○月○○日

                 (甲) 住所 ○○県○○市○○○○
                     商号 株式会社 ロイズ
                     代表者  代表取締役 ロイズ太郎

                 (乙) 住所 ○○県○○市○○○○
                     氏名 鈴木太郎

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ

カスタマーサポートセンター

サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ