債務整理の相談ならロイズ司法書士事務所

あなたの笑顔ため踏み出す最初の一歩

契約書テンプレート

契約書テンプレート

ロイズ司法書士事務所では、いろいろな契約書のテンプレートを無料でダウンロードできます。ワード・エクセルにコピーしてご利用下さい。

<建物賃貸借契約書(6)>

建物賃貸借契約書

 賃貸人 ロイズ太郎(以下、「甲」という。)と賃借人 鈴木太郎(以下、「乙」という。)は、次の通り建物賃貸借契約を締結した。
 

第1条(建物賃貸借) 
 甲は、乙に対し、甲所有の別紙目録記載の建物(以下「本件建物」という)を賃貸し、乙はこれを賃借した。 

第2条(期間) 
 賃貸借の期間は、平成○○年○○月○○日から平成○○年○○月○○日までの○○年間とする。

第3条(賃料)
 賃料は1か月金○○○○円とし、乙は、甲に対し、毎月○○日までに翌月分を甲に持参または送金する方法で支払う。

第4条(敷金) 
 乙は、本契約締結と同時に、甲に対し、敷金として金○○○○円を預託し、甲はこれを受領した。
2  乙は、本件建物を明渡すまでの間、敷金を持って賃料その他の債務と相殺することはできない。

第5条(使用目的) 
 乙は、本件建物を○○○○に利用し、他の用途に使用してはならない。

第6条(解除) 
 前条に違反した場合、甲は、何らの催告を要せず本契約を直ちに解除することができる。

第7条(敷金の返還) 
 甲は、本契約が終了し、乙から本件建物の明渡を受けた場合、遅滞なく第4条の敷金を返還する。ただし、甲は、本件建物の明渡に際し、乙に対して未払賃料請求権、原状回復費用請求権その他本契約に関して乙の債務不履行による損害賠償請求権を有している場合には、敷金をこれらの債務の弁済に充当することができ、その残額を乙に返還すれば足りる。
 
第8条(協議) 
 本契約に定めのない事項が生じたとき、又はこの契約条件の各条項の解釈につき疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議の上解決するものとする。

 以上、本契約成立の証として、本書を二通作成し、甲乙署名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。
   
   平成○○年○○月○○日

                 賃貸人(甲) 住所  ○○県○○市○○○○
                         氏名  ロイズ太郎

                 賃借人(乙) 住所  ○○県○○市○○○○
                         氏名  鈴木太郎

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ

カスタマーサポートセンター

サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ