債務整理・過払い金返還請求・悪徳商法被害のロイズ司法書士事務所

着手金0円のロイズなら苦しい取立てを即日ストップ

任意整理とは

任意整理とは

任意整理(和解)とは、裁判所などの公的機関を通さず、弁護士や認定司法書士が代理人となり債権者と任意に交渉し、利息・損害金・毎月の支払額の減免をしてもらい、負債を圧縮する手続きのことです。

利息制限法に引き直して計算します

債権者がサラ金業者の場合、利息制限法を越える金利でお金を貸しているのがほとんどです。 ※利息制限法の上限金利は以下のとおりです。

弁護士・司法書士が任意整理の依頼を受けると債権者に受任通知書を送り、今までの取引履歴を取り寄せて、利息制限法に基づいて引き直し計算をしますが、だいたい2~3割は債務が減ります
サラ金業者の場合、その取引期間が5年以上になってくると債務がなくなることもあり、過払金(債務者が払いすぎたお金)が発生している場合があります。また、支払っていた期間と利息によっては過払い金が発生している場合もあり、借金が0円になって逆に返金されるケースも少なくありません。返済はロイズ司法書士事務所が代行して行い、あらかじめ決められた和解金額を毎月指定された口座にご入金いただくことになります。

通常は3~5年で返済します

債務者が弁護士・司法書士に任意整理を依頼するときは、すべての借金を打ち明けることが重要です。そして、通常弁護士・司法書士は利息制限法に基づいて債務額を確定して、債務者の収入の中から3年間(場合によっては5年程度)で返済できる見込みがあれば任意整理を選択することになります。あまりにも長期間にわたる返済計画では業者もなかなか応じてくれないのが現状です。

事例で知るなかなか借金が減らない理由

50万円を29.2%の利率で借り、最低返済額月々1万7000円の返済を続けたとします。その場合、返済にかかる期間と利息の合計額はどれくらいになると思いますか?計算すると月払いでの返済期間は約4年、利息の合計額は約35万円にも上ります。つまり、総返済額は約85万円になるのです。

これでは月額1万7000円の返済をしても、ほとんどが元金より利息に充てられてしまい、元金が減りません。元金さえ減れば、借金はもっと早くなくなります。任意整理をして利息を低くすることができれば、返済したお金のうち元本に充てられる金額が大きくなるため、借金を早く完済することができるのです。

関連項目

サービス

債務整理 金融取引被害
詐欺被害 既払い金返還請求
初期費用0円 長期分割OK 深夜2時まで無料電話相談
LAWIZについて アクセス

プライバシーポリシー | 免責事項

©2011 LAWIZ All right reserved.