特定調停のメリット・デメリット

着手金0円のロイズなら、さらに安い調停ができます。

特定調停のメリット

任意整理(和解)を行う場合の3つのポイント

POINT1 利息制限法の引き直し計算により、借金額が減る場合があります。
POINT2 ほかの債務整理続きに比べ、費用が安くなります。
POINT2 調停成立後、原則として利息が付きません。
POINT2 貸金業者からの取立行為を規制できます(認定司法書士に依頼した場合のみ)。
POINT2 借金の理由を問われません。
POINT2 他の債務整理手続きに比べて早く解決できます。(申立後1ヶ月程度)
POINT2 債権者との交渉は調停委員がしてくれます。

特定調停のデメリット

任意整理(和解)を行う場合の3つのポイント

POINT1 話し合いの結果、合意不成立になることもあり。
POINT2 過払い金が発生した場合、別途「過払い金返還請求訴訟」を起こす必要があります。
POINT3 最低でも3回、簡易裁判所に行かなければなりません。
POINT4 信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として記録され、クレジットカードなどの利用ができなくなる可能性があります。
POINT4 調停成立後、支払ができなくなると給与等の差し押さえをされる可能性があります。
POINT4 債権者ごとに手続きが進行します。
POINT4 強硬な債権者がいる場合には強制力がありません。
POINT4 裁判所・調停委員によっては債権者寄りの対応を取ることがあります。

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ

カスタマーサポートセンター

サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ