任意整理のメリット・デメリット

着手金0円のロイズなら、ゆとりある計画的な返済ができます。

任意整理のメリット

任意整理(和解)を行う場合の3つのポイント

POINT1 法的代理人が受任した日から和解まで返済・督促がストップされ、債権者は債務者と直接交渉等が一切できなくなります。
POINT2 借金の理由が浪費やギャンブルでも問題ありません。
POINT2 すべての債務が返済されるまで、各債権者への返済は代理人が代行。返済の煩雑さから解放され、一括して代理人が行ってくれるため、計画的な返済が可能となります。
POINT2 代理人が介入しても債権額を減額できない場合や、代理人が介入することで勤務先に知られてしまう場合、人間関係に悪影響を及ぼす場合など。依頼者の希望により、保証人が付いている債権者については依頼しないなど、柔軟な処理を行うことができます。

【例】消費者金融からの借金だけを整理し、親族には返済を続けることが可能。一部の債権者には、任意整理による介入をしないこともできます。金利の高い債権者だけ介入し、月々の返済額を軽減することができます。
POINT2 裁判所の手続きではないので、官報に掲載されることはありません。任意整理は裁判所を利用しませんし、債務者は弁護士・司法書士に依頼をすればあとの債権者との交渉は全て弁護士・司法書士がやってくれますので、仕事などが忙しくて裁判所に行く時間がない人に向いています。

任意整理のデメリット

任意整理(和解)を行う場合の3つのポイント

POINT1 任意整理は、裁判手続である破産・免責手続、個人民事再生手続のように、借金の全額もしくは一部を免除されるわけではありません。つまり、利息制限法に基づく引き直しの範囲でしか借金を減額することができないため、裁判手続きによる債務整理よりも減額率は低くなります。
POINT2 任意整理をすると、信用情報機関に載り5年~7年ほどローンや借り入れができなくなる可能性があります。ただし、これは自己破産、個人再生、特定調停の手続を取った場合も同様ですので任意整理特有のデメリットではありません。

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ

カスタマーサポートセンター

サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ