自己破産・免責の解決事例

着手金0円のロイズなら、短期間でゼロからのスタートができます。

自己破産・免責手続きに関する解決事例集

任意整理(和解)を行う場合の3つのポイント

POINT1 借金は全て免除され、ゼロになります。
POINT2 資格制限があります。
POINT3 手続き期間が短くなります。
POINT4 住宅などの財産は手放すことになります。


事例②Aさんの場合/「失業中につくってしまった借金を0円にしたい」

失業期間中に新たな借金・・・

Aさんは30歳のとき、会社が倒産して職を失ってしまいました。転職後の収入は前職よりも大きく下回り、また失業期間中に新しく借金を作ってしまったため、自身では改善方法が見つからず、借金苦から抜け出せなくなったのです。しかし、今回交際中の彼女と結婚が決定。借金を整理して新しいスタートをしたいということで、ご相談を受けました。

 
収支 -10.6万円 127.2万円
手取り収入 24万円 288万円
返済額 13.3万円 159.6万円
家賃 7.8万円 93.6万円
生活費 13.5万円 162万円
診断結果 消費者金融からの借り入れについては、利息制限法で引き直し計算ができます。しかし、それでも返済額が任意整理できるほどには減額できません。さらに、個人再生も視野に入れて考えたのですが、結婚も控えているとのこと。3年間の弁済を続けることも心配されます。そこで、一刻も早く借金問題を解決するために、破産・手続きを選択しました。

Aさんがロイズにご依頼されると……

Aさんは、自己破産の申し立てをロイズに依頼。裁判所から破産手続き開始決定を受けました。Aさんは財産もなく、結婚も控えていたため、個人再生にて債務を圧縮しても支払いが困難だと考え、同時廃止手続きを選択。約5か月後、Aさんを免責するという決定が裁判所から下されたのです。

  現状のまま返済 ロイズ司法書士事務所に依頼した場合
借金総額 2200万円 0円
毎月の支払い 22万円 0円
結論 破産手続後、借金は0円に。新しく家族になった妻とともに、新しい生活をスタートすることができました。

借金総額503万が破産により債務0に

Aさんは、ご主人を亡くし、2人の子供を一人で育てるために、昼夜働いてきましたが、それでも生活が苦しく、消費者金融から借入をして生活費をおぎなってきました。初めて借金した時はすぐに完済するつもりでいましたが、利息を払うのがやっとのAさんの借金は日に日に増えていき、総額503万、月々の返済額は18万円に膨れ上がりました。
ご自身での返済は不可能となり、ご相談を頂きました。
任意整理にするか自己破産にするか司法書士と何度も面談し、結果、「自己破産をし、一から生活を立て直したい」とのAさんの希望により自己破産をする事となりました。本人申立ですが、司法書士が申立書を作成し、ご依頼から10ヶ月で裁判所から免責許可決定が出ました。
借入が無くなったAさんは一からやり直すと安心されていました。

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ

カスタマーサポートセンター

サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ