国内先物取引被害の判例

国内先物取引被害

国内先物取引被害の判例

平成18年4月19日 商品先物業者に対して1,000万円の支払いを命じた判例

原告の女性は、原油とガソリンの先物取引を行ったが、取引の知識もないこと、取引の有利な点だけを説明されたこと、手数料稼ぎのための頻繁な売買等が認められ、被害金額1034万円と遅延損害金、訴訟費用の支払いを業者に命じました。

平成21年1月23日 両建について実質的な説明義務が必要だと判断された判例

国内先物取引で9,500万円の被害にあった男性(73歳)が起こした裁判に対して、名古屋地方裁判所は、両建に関する説明義務を厳格に認めました。

商品取引所法施行規則103条9号の趣旨について、「適合性のある委託者が法令の定めるとおり両建勧誘の禁止の説明を含む事前交付書面の交付とその説明を受けていた」としても、両建については「その取引等を理解していない顧客」があり得ることから、両建を受託することを禁止しているものであると述べた。

被告側は、原告は両建の意味を十分理解した上で自分の判断で行ったと反論したが、外務員らの供述の変遷や客観的証拠との矛盾を理由 に、被告の主張を退けた。

国内先物取引被害の「お金」を取り返す。

パチンコ詐欺も着手金0円

ロイズ司法書士事務所は、強い信念を持って国内先物被害の撲滅に努め、「失ったお金を取り返す」ことで、一人でも多くの方を救済したいと考えています。

そのため、安心でお手軽な『着手金0円』、『完全成果報酬』の料金プランをご用意しました。あなた1人で悩む前に、まずはご相談ください。

平成23年1月から、経済産業省等に登録のない業者は営業活動ができなくなる予定です。ご自身のためにも、一刻も早く被害回復のための行動を起こしてください。

無料相談受付中

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ
カスタマーサポートセンター
サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ