海外先物取引被害の違法性

国内先物取引被害

海外先物詐欺の違法性

海外先物詐欺の違法性において倫理的・法律的に問題となるポイント

・適合性原則違反
投資者の目的や財産の状態、投資経験や知識から考え、不適当な金融商品の取引を勧誘してはならないという原則。

・説明義務違反
金融商品の仕組みや取引方法、リスク等を投資者に十分に説明する義務。

・過当取引(無意味な反復売買)
手数料稼ぎ等を目的に、金額や回数において過当な取引を投資者に行わせること。

・断定的判断の提供
業者が、消費者に対して断定的な判断を提供したことにより、消費者がその断定的判断を事実と誤認して契約を締結した場合、契約を取り消し、返金を要求することができます。

・新規委託者保護義務違反
先物取引を始めてまもない新規の委託者について、保護育成を図る義務が業者にあるという義務。

・無断売買
投資者の同意を得ずに、取引を行うこと。無断売買の効果は一任売買に帰属することはなく、これを前提に返還請求を行えます。

・一任売買
投資者に取引毎の同意を得ないで、売買、銘柄、数、価格等を1つでも定めて取引を行うこと。

海外先物取引被害の「お金」を取り返す。

パチンコ詐欺も着手金0円

ロイズ司法書士事務所は、強い信念を持って海外先物被害の撲滅に努め、「失ったお金を取り返す」ことで、一人でも多くの方を救済したいと考えています。

そのため、安心でお手軽な『着手金0円』、『完全成果報酬』の料金プランをご用意しました。あなた1人で悩む前に、まずはご相談ください。

平成23年1月から、経済産業省等に登録のない業者は営業活動ができなくなる予定です。ご自身のためにも、一刻も早く被害回復のための行動を起こしてください。

お客様の声 (実際に、お金を取り返した事例)

3173万円の損失に対し、3493万円の損害賠償請求を認めた判決

無料相談受付中

これなら安心!「着手金0円!」

インターネットからの法律相談

「無料相談室」

インターネットで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!

無料のWEB法律相談はコチラ

モバイルサイトからの法律相談

お使いの携帯TELからQRコードで24時間、誰にも知られず気軽に法律の相談ができる!
携帯サイトURL
www.lawiz.net/i
QRコード

お電話からのお申し込み

0120-519-511

いつでも、TEL一本でで誰にも知られず、気軽に申し込み!!

DM・資料請求

オリジナルハンドブック郵送

只今、資料をご請求頂いた方、全員に『オリジナルハンドブック』をプレゼント

DM・資料請求はコチラ
カスタマーサポートセンター
サポートセンター電話窓口

10:00~21:00 月曜~金曜

03-321-321
サポートセンターWEB窓口

すでにご利用のおの電話相談窓口です。「サービスへの質問」「ご要望」「クレーム」など、なんでも、お気軽にお申し付け下さい。

無料のWEB法律相談はコチラ
クイックサイトマップ